オフィス・店舗向け観葉植物レンタルサービス

tragp

プランツフォーモアツリーズとは、『日本の森を守る持続可能な森林保全プロジェクト』というものです。
ご承知の方もいらっしゃいますが、日本の森につきましては、国土のおよそ67%を占めているのですが、国内の木材自給率はわずか26.6%と非常に低い現状にあります。これは輸入品のコストが安く、日本の間伐材が使われず、森を活かす為の利益が低いことも合間って、このままでは益々日本の森が荒れていくことが予測されています。国内の政策においても『循環型社会』の形成という環境を考慮した『グリーン購入法』という環境に優しい商品を活用して行きましょうといった法律が平成12年に施工されました。これは官庁関係の業務において活用され、民間には『推奨』という段階ですが、民間企業においてもその考え方の元に取り組んでいる企業も増えてきております。

弊社でもインドアの観葉植物がCo2を削減する効果のもと、社会貢献としてもレンタルの普及に努めてまいりましたが、『もっと世の中の役に立つ事が出来ないか』という考えを進める上で、今回縁があって、坂本龍一さんが代表を務める“一般社団法人モアトゥリーズ”と協力し、日本の森を守る持続可能な森林保全プロジェクトを立ち上げ、インドアだけでなくアウトドアへも視野を広げ、社会貢献活動を行っております。

具体的には日本の森の間伐材を活用し、デザインされた鉢カバーを制作いたしました。こちらをレンタルとしてお客様にご利用頂き、その売上の3%をモアトゥリーズの活動資金に当てさせていただき、継続いただく中で、持続可能な森林保全活動を行っていくという内容でございます。勿論、ご利用のお客様にはその活動を対外的に案内出来るポップやWEBの発信などをご用意しております。

是非このプロジェクトを弊社と一緒に行って参りませんか?

ちなみにこの取り組みにご賛同頂き、『ナチュラルデザイン』の商品要素も合間って、既に数社との企業へのレンタルも始まっています。御社の社会貢献というCSR活動の一環としても是非ご活用下さい。

お問い合わせ